スウェーデン大使館主催「ソーシャルイノベーション・ダイアローグ」にて
日本の民間企業の事例として、弊社の「スマート保育園」構想が選出され、登壇する機会をいただきました。

<開催日>
■2018年2月14日(水) 13:30~17:30@東京ウィメンズプラザ



ソーシャルイノベーション・ダイアローグとは

https://swedenjapan150.jp/events/social-innovation/

スウェーデンと日本の国交樹立150周年事業の中でも大使館が主催する最初のイベントです。
両国のケア分野でのソーシャル・イノベーション事例(ソフト・ハード両方)を発表し、高齢化社会はじめ両国がかかえる様々な社会的課題へのソリューションを考えます。
日本から3事例、スウェーデンから3事例、共同研究を1事例、計7事例をとりあげます。

<イベント当日のハイライト>
https://youtu.be/2ncFwGC3EgQ



駐日スウェーデン大使のマグヌス・ローバック氏と記念撮影

以前取材いただいた読売新聞よりユニファを推薦いただき、今回登壇する機会をいただきました。
福祉国家であるスウェーデンから、弊社の取組みに興味を持っていただけた事は非常に光栄でした。


引き続き、「スマート保育園構想」実現の為、全力投球いたします!!