~一秒でも長く子どもたちを見守るために。~
保育園でのお昼寝中の体の向きや体動チェック用のアプリ

「ルクミー午睡チェック」
第12回キッズデザイン賞を受賞

 ユニファ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:土岐泰之)が提供する保育園でのお昼寝中の体の向きや体動チェック用のアプリ「ルクミー午睡チェック」が、2018年度「第12回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会 後援:経済産業省、内閣府、消費者庁)において受賞したことをお知らせいたします。
(※「午睡」=お昼寝の事。)



第12回キッズデザイン賞 受賞作品について

「ルクミー午睡チェック」は、午睡(お昼寝)中の子どもたちを見守る、業界初の保育園専用サービスです。


午睡チェックの業務は年々ハードになっており、ルクミー午睡チェックは保育士をサポートするために生まれました。
利用方法は簡単。センサーを園児の肌着やパジャマに装着してアプリを起動するだけ。午睡中の子どもの体動停止やうつ伏せ寝をアラートですぐにお伝えするだけでなく、体の向きをチェックシートに自動記録します。
保育士とルクミーのWチェックで先生の手書き業務を軽減するなど労力的な負担はもちろん、精神的な負担を軽減し、保育の時間をより安全で充実したものにします。

紙での運用からタブレットに切り替えてもこれまでの保育士が行っていた動作を大きく変えることがないことを意識。
現場の保育士の声を集めながら画面や機能に反映し続けています。


受賞について
ユニファ代表 土岐 泰之 コメント

この度はとても光栄な賞をいただき、大変嬉しく思っております。
弊社が2013年の創業と同時に始めたインターネット写真サービス「ルクミーフォト」を導入いただいている保育現場の声から、「ルクミー午睡チェック」は生まれました。昨今の待機児童問題や保育士不足といった社会課題を解決する為にも、保育者の皆様が安心して仕事に取り組める環境づくりをして行く必要があると考えています。
これからも「保育士さんのパートナー」として、子どもたちを見守るお手伝いをする為に、全力で取り組んで参ります。

第12回キッズデザイン賞について

「キッズデザイン賞」は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が2006年から主催する、子どもや子どもの産み育てに配慮したすべての製品・空間・サービス・活動・研究を対象とする顕彰制度で、今回は252点が受賞。
「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・空間・サービス・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に創設されました。

 ・KIDS DESIGN AWARD 2018 https://kidsdesignaward.jp
 ・特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会 http://www.kidsdesign.jp

会社概要

会社名 : ユニファ株式会社
代表取締役 : 土岐 泰之
設 立 : 2013年5月29日
従業員数 : 74名(2018年8月現在)
資本金 : 9億6,577万円(資本準備金含む)
所在地 : 名古屋オフィス/〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-16-3 丸の内A・Tビル10F
      東京オフィス/〒110-0015 東京都台東区東上野1-28-9 キクヤビル2F
事業内容 : 家族コミュニケーションを豊かにするポータルメディア事業



当社は今後も「“家族✕テクノロジー”で世界中の家族コミュニケーションを豊かにする」というミッションの元、IoTやICT支援によって保育業務の負担軽減および保育の品質向上を実現する未来の保育園「スマート保育園構想」の創造を目指して参ります。

 

 


【報道関係の問い合わせ先】


ユニファ株式会社 広報担当:小林 美穂
〒101-0024 東京都台東区東上野1-28-9 キクヤビル2階
TEL: 03-6284-2666 / e-mail: press@unifa-e.com
 


タグ:プレスリリース